行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】

行政機関で働きたいとお考えの薬剤師の方へ!

薬局・ドラッグストア・民間企業・施設だけではなく、薬剤師は行政機関でも働くことができます。もちろん、その場合には公務員試験を通過する必要がありますが、収入の安定性・福利厚生・やりがい等から行政機関への転職を考える薬剤師の方も多いです。

多くの薬剤師が登録している「リクナビ薬剤師」のような薬剤師転職サイトですが、行政への転職のノウハウも豊富で、様々なサポートを無料で受けることができるため、行政への転職だとしても非常に心強いパートナーになってくれます。

まずは登録時に行政機関(できればより具体的に)への転職を希望している旨をしっかりと伝えるところから転職活動をスタートしましょう!

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



マイナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 全国 詳細



ヤクステ 無料 ★★★★ 全国 詳細



ファルマスタッフ 無料 ★★★★ 全国 詳細



行政薬剤師への転職ならプロのエージェントに

行政薬剤師とはすなわち行政機関で働く薬剤師のことを指します。具体的には保健所、研究機関、自衛隊における薬務官、麻薬取締官、薬事情報センターといった行政機関で働く薬剤師のことで、これらの機関で働くためには公務員試験やそれぞれの行なっている採用試験に合格しなければなりません。基本的に公務員として仕事を行うため、転職支援サイトを利用しても意味が無いと考えている方も多いですが、実は転職支援サイトでも行政薬剤師を目指す方のサポートを行なっており、実際に支援を受けたことで行政薬剤師として現在活躍している方も多くいます。

具体的に行政機関の求人を取り扱っているわけではありませんが、しかし転職サイトの専属エージェントが行政機関への転職のために必要な条件や資格、キャリアなどについてしっかり教えてくれますので、今後行政薬剤師を目指す方もぜひとも利用したいものです。

行政薬剤師を目指す場合、何を理由に目指すのかを明確にしておかなければなりません。やりがいなのか、仕事内容なのか、安定性なのか、給与や待遇なのかなど、それに応じて転職エージェントも色々アイディアを出してくれます。中にはその希望に近い一般企業での求人を取り扱っているケースもあり、行政薬剤師を目指さなくとも、すぐにでも希望の条件で働き始めることができる場合もあります。もちろん行政薬剤師を目指しているという強い意志がある場合、そのために必要な研修、教育を紹介してくれます。

このように行政や公務員を目指すからといって、転職支援サイトは必要ない、ということはなく、むしろ今後の活動を進めていく上で非常に有効に活用できる存在であることがわかります。行政機関にコネクションがあったり、またはすでに公務員試験をパスしていたりする場合は、そこまで重要ではないかもしれませんが、これから行政薬剤師を目指したいという方は、ぜひ利用することをおすすめします。専属のコンサルタントが様々な相談に対応してくれますので、一人で悩まずにすみます。

もちろん公務員試験の勉強を行なっていかなければならず、そのために必要な情報についても提供してくれるケースもありますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。まずは無料会員登録して、どのようなサービスやサポートがあるのかを確認してみると良いでしょう。同時に公務員として、行政薬剤師として働く上でどのようなキャリアや実績が必要なのか、またどのような仕事が自分には向いているのかなども確認できますので、問い合わせてみるとよいでしょう。


Copyright (C) 2014-2016 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.