薬事情報センターの薬剤師求人事情と仕事内容

行政薬剤師求人TOP >> 職場別の求人事情 >> 薬事情報センターの薬剤師求人事情と仕事内容

薬事情報センターの薬剤師求人事情と仕事内容

薬事情報センターとは、全国の自治体において、医薬品の適正な使用を促すために、医療機関や一般の人々、教育機関などからの相談を受け付けたり、必要な情報を必要に応じて提供したりしている機関です。運営元は、それぞれの自治体にある薬剤師会となっています。

この薬事情報センターでの仕事は、主に相談業務となりますが、その相手は一般市民だけでなく、薬局や医療機関などの専門機関も含まれます。そのため、通常の医薬品の使用方法といった単純なものだけでなく、すでに専門知識を持つプロフェッショナル相手のより高度な情報を提供することもあります。その分、ここで働く薬剤師には、より高度な知識を持っていることが求められています。薬害に関係する相談や、海外の副作用事例など、かなり広範囲に及ぶジャンルをカバーしなければなりませんので、経験の浅い人には務まらないレベルの高い仕事となっています。

こうしたことから、一般向けに広く薬事情報センターからの薬剤師求人が出ることはあまりなく、それぞれの自治体の薬剤師会に所属しているメンバーから選ばれることが多くなっています。そのため、まずは地元の薬剤師会に入って、募集情報を探すようにしましょう。この薬事情報センターは、自治体ごとに異なった運営がなされていて、仕事内容や求人の条件なども、それぞれのエリアで異なります。まずは、自分が住んでいるエリアの薬事情報センターがどのように運営されているかの情報を集めると良いでしょう。

それほど多くはありませんが、エリアによっては一般の求人に薬事情報センターからの募集がかかることもあります。とはいえ、求人数はかなり少なめですし、正社員よりも非常勤の募集が多い傾向にあります。非常勤の場合は、時給換算で2,000円強ほどの給料となっていて、ドラッグストアや調剤薬局に勤めるのとさほど変わらない水準です。体力的に負担のかからない仕事ですし、就業時間もとても規則的ですので、プライベートの時間をきっちりと取りたい人や、家庭と仕事をうまく両立させたい人などに向いているでしょう。

薬事情報センターでの仕事は、高いレベルの専門知識が求められることが多いので、大学での研究を行ってきた人など、ある程度スキルを証明できる人であると採用に便利となります。頑張って積み上げてきた幅広い知識を活用できる場となりますので、充実感を持って仕事を行っていけるでしょう。それほど広い採用枠ではありませんので、常に募集情報をチェックして、見逃しがないようにしましょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.