保健所の薬剤師求人事情と仕事内容

行政薬剤師求人TOP >> 職場別の求人事情 >> 保健所の薬剤師求人事情と仕事内容

保健所の薬剤師求人事情と仕事内容

行政機関で公務員として働く薬剤師の主な仕事として、保健所での業務があります。保健所では、市民の方々の健康を福祉を守るために、必要な情報を提供したり、何らかの問題が生じたときに調査を行ったりします。また、学校などの教育機関を始めとする公共の場所で、衛生を確保できるようにするため、指導を与えるというのも重要な仕事です。

保健所にいろいろな人材が集まっていますが、薬事に関する高度な知識と判断力を持つ薬剤師は、その中でも重要な役割を果たします。衛生事情に関する分野では、理髪店や公衆浴場などの事業の開設許可に関わる業務であったり、それらの場所の衛生指導を与えたりします。また、地域内にある食品メーカーや飲食店の衛生基準をチェックして、必要な改善点を指摘するのも重要な働きです。

さらに、工業系の業務に関係するケースもあります。工場から出る汚染物質を監視したり、その分析や調査を行ったりすることもあります。高度な薬品に関する知識が必要となりますので、やはり薬剤師としてのスキルが大いに活用される場となります。この分野に関しては、地域差がかなりあり、保健所にいてもほとんどこの分野にタッチしないところもあれば、薬剤師が率先してほとんどの業務を進めていくケースもあります。どのような分野の仕事をしたいかによっても、担当する部署が異なることがありますので、事前にしっかりと調べておきましょう。

保健所で働く薬剤師は公務員ということになりますので、勤務を始めるには地方公務員試験を受ける必要があります。求人は基本的に年度の変わり目のタイミングに合わせて出されます。前年の夏ごろに募集情報を出し始めるところが多いので、時期になったら採用情報を常に確認するようにしましょう。基本的に、地方公務員の募集は28歳が年齢の上限となっていますので、その前に転職を決意しなければなりません。

以前に調剤薬局やドラッグストアで勤務していたとしても、保健所での業務には直接関連する内容がないため、一から経験を積んでいく必要があります。それで、転職活動を行う際には、今までの経験を前面に出すというよりは、仕事への想いや自分自身の資質をアピールして、良い印象を与えられるようにしましょう。また、公務員試験の結果の良しあしによって採用の可否が大きく決まりますので、しっかりと試験対策を行うことが重要です。ある程度の期間を準備のために取り分けて、確実に採用を勝ち取れるように努力しましょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.