自衛隊の薬剤師求人事情と仕事内容

行政薬剤師求人TOP >> 職場別の求人事情 >> 自衛隊の薬剤師求人事情と仕事内容

自衛隊の薬剤師求人事情と仕事内容

自衛隊でも薬剤師としてのスキルを生かす場がありますので、自分の経験と能力を国家のために十分用いることができます。自衛隊で薬剤師として働いている人の多くは、防衛大に入りそこで教育を受けた後に国家資格を取り、薬務官として働くケースがほとんどです。つまり、薬剤師として民間企業で働いていた人が途中で自衛官になるというよりは、最初から自衛隊に入るという目的で教育を受け、その段階で薬剤師の資格を取ることが多いのです。

自衛隊における薬剤師の業務は幅広く、一般的な医薬品の管理から、負傷した人や病気を患っている人の治療に医師と共にあたるという業務まで、様々なものがあります。普段の任務の中では通常の医療機関で勤めるのと同じような業務を行いますが、いざ有事となると、その場に赴いて必要な措置を取る必要性があります。そのための訓練も重要な業務の一つで、日頃からたくさんの訓練を実施することになります。

薬務官の働きは重要なものですので、薬剤師の資格を持って働く自衛官は士官という立場に就くことになります。いわば幹部候補として任務を果たしていくことになりますので、大きな責任がありますし、同時に強いやりがいを感じられるでしょう。努力を続けていけば、しっかりとした役職に就く道も開かれていますので、将来性のある仕事とも言えます。

自衛隊で薬剤師として働くためには、前述のとおり最初から防衛大に入学して教育を受けるのが一般的です。しかし、いわゆる中途採用のような形で入隊するケースも、多くはありませんが、可能性としては考えられます。毎年こうした条件で求人がかかるわけではありませんが、必要に応じて募集がかかることもありますので、常に募集情報をチェックするようにしましょう。専門資格を持った人が入ると、最初から好条件で働けることが多いので、快適な生活を送れるでしょう。

一般的な公務員よりも給料水準は高めですし、完全に官舎に住んで生活を送ることになりますので、経済的な負担がかなり少なくなります。まとまった収入があり、その上で支出を抑えられますので、経済的にとても安定しているのがメリットと言えます。転勤が生じることもありますし、何らかの事情によって短期間だけ他のところに派遣される可能性もあります。しかし、全体的に安定した雇用ですし、なにより国のために自分の力を用いられるというやりがいを感じられるのが大きな魅力と言えるでしょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.