国公立病院の薬剤師求人事情と仕事内容

行政薬剤師求人TOP >> 職場別の求人事情 >> 国公立病院の薬剤師求人事情と仕事内容

国公立病院の薬剤師求人事情と仕事内容

薬剤師が自分の持つスキルを十分に発揮できる場所として人気が高いのが、国公立病院を始めとする医療機関です。民間病院に勤務する方が年収などの雇用条件に優れているという面もありますが、国公立病院に勤務することには、雇用が安定しているという大きなメリットがあります。公務員としての雇用となりますので、固定給が低めでもしっかりと毎年昇給があり、ボーナスもしっかりと支給されますので、安定した条件で働けるのです。

国立病院は、基本的に独立行政法人国立病院機構という運営元で、薬剤師の採用を行っています。それぞれの病院ごとの採用ではなく、エリアにある病院機構からの雇用となり、エリア内のどの病院に配属されるかは自分では決定できません。また、エリア内の国立病院で定期的に転勤がなされることになります。たいていの場合、一つのエリアの中には、異なる特色を持つ病院がありますので、それらの病院でスキルを積むことによって、総合的な能力を身に着けることができるようになります。

経験に応じて割り当てられる業務が異なり、最初は一般の調剤業務や患者さんへの服薬指導が主な業務となります。実務経験を積んでいくと、医師や他の医療スタッフとチームを組んで、診療に積極的に加われるようになります。その後は、管理薬剤師などの役職に就く道を歩むこともできて、責任の重い仕事を行うこともできます。

他の公立病院の場合は、自治体によっても異なりますが、基本的にはそれぞれの病院ごとに採用されることが多くなっています。給料などの雇用条件は病院が独自に決めるというよりは、自治体が持つ公務員向けの基準に沿って決められますので、事前にどのくらいの水準の給料が支給されるかなどを調べておくと良いでしょう。安定した雇用を期待できますので、長く働き続けるための大きな助けとなります。

国公立病院の求人は基本的に年度の変わり目のタイミングでなされます。ほとんどのケースで、公務員試験のような一般的な内容の試験がなされますし、国立病院などでは論文などの追加の試験があります。中途採用の制度を設けているエリアも多く、実務経験を一定の期間以上持っていることを応募条件としていることもあります。事前に自分のスキルと経験が、条件にかなっているかどうかをしっかりと確認しましょう。国公立病院の求人は人気が高いジャンルですので、しっかりと準備をして転職活動を行うことで、採用を勝ち取ることができるようになります。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.