麻薬取締官の薬剤師求人事情と仕事内容

行政薬剤師求人TOP >> 職場別の求人事情 >> 麻薬取締官の薬剤師求人事情と仕事内容

麻薬取締官の薬剤師求人事情と仕事内容

薬剤師が就ける仕事にはたくさんのバリエーションがあり、それぞれの夢を叶えやすいのが特徴となっています。その中でも特殊性が高い職業の一つとして、麻薬取締官があります。麻薬や覚せい剤、危険ドラッグなどの流通ルートをつきとめ、組織犯罪の根源を絶つことを目的としていて、警察とは異なる強い権限を与えられています。その活動の詳細は明らかにされていませんが、大きな事件を扱うことも多く、社会的にとても意義のある仕事です。

麻薬取締官は、厚生労働省の職員という立場で任務を遂行します。そのため、麻薬取締官になるためには、国家試験に受かって国家公務員となる必要があります。特殊なスキルを持っているなどのケースでは例外がありますが、基本的には28歳までという年齢制限がありますので、この分野に飛び込んで自分の能力を発揮したいと思うのであれば、早めに決断を下さなければなりません。

麻薬取締官としての仕事は、非常にたくさんのスキルが求められます。薬剤師という観点で見ると、高度な薬品に関する知識を生かして、ドラッグについての検査を行ったり、急増している危険ドラッグに関する調査をしたりします。そして、ドラッグが入り込んでいるルートを見極めるために、警察とは異なる仕方で独自の捜査を行い、容疑者の逮捕をします。潜入捜査や地道な聞き取り調査、張り込みなど、様々な手段を通じてドラッグの流れを突き止めることになりますので、体力的にも精神的にもタフさが求められるでしょう。

麻薬取締官という職業になるためには、一般の国家公務員と同じスタートを歩むことになりますので、国家公務員試験にパスする必要があります。毎年この試験が開催されますので、事前に試験の詳細に関する情報を入手して試験対策をしなければなりません。また、面接も実施されることになりますので、どのような応答が予想されるかを準備しておきましょう。

待遇は国家公務員の基準で決定されますので、民間企業で働く薬剤師よりは低めの給料基準となります。麻薬取締官という特殊な仕事に就くからといって、特に高収入が得られるわけではなく、手当が付いても20万円台の月給というケースがほとんどです。もちろん、こうした仕事を続けていくためのモチベーションは、給料の額ではなく使命感ややりがいですので、動機がしっかりとしている人であれば、問題になることはないでしょう。仕事を通じて成し遂げられることの大きさに注目することができるでしょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.