行政薬剤師のやりがいについて

行政薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 行政薬剤師のやりがいについて

行政薬剤師のやりがいについて

行政薬剤師のやりがいは人それぞれにありますが、一般的に言われているのは通常の薬局やドラッグストア、病院勤務とは異なり、直接患者の症状の治療のために薬を処方するのではなく、正しく医薬品が世間に流通するように法整備を行なったり、または薬剤の承認管理を行なったり、地域の医療や健康を制度的な立場から管理、促進していく立場となるため、そういった法整備、環境整備の面にやりがいを感じる方が多くなっています。

行政薬剤師は企業薬剤師のように、地域医療の向上を目指すだけではなく、利益も考えなければならない仕事とは異なり、あくまで地域医療、健康促進、衛生管理などといった面で法的な制度、環境を整えていくこと、またそれらがきちんと、適正に扱われていることを調査、管理していくことにあります。そのため接客などによって、より多くの方と触れ合いながら、自己のスキル、技術を向上させていきたい、という方には不向きな仕事であるといえます。しかしながらよりグローバルな視点で、国民全体の健康を守り、かつよりよいものがきちんと人々の生活に行き渡るように管理、承認、指導していくことができるため、広域での健康促進に貢献していきたいという方には向いている仕事といえるでしょう。

また行政薬剤師は地方公務員であるため、給与や待遇についても、一般的な地方公務員と同等で、また薬剤師資格によりさらに給与がプラスされることもあるため、仕事と給与に関するバランスからもやりがいを感じている方も多いでしょう。また公務員なので生活が安定しており、将来的な不安がないおかげで仕事に打ち込めるため、よりやりがいを感じて働くことができるでしょう。

また行政薬剤師として実際に働いている方の意見を見てみると、あくまで舞台裏を支える、裏方のような仕事ではあるものの、実際に食品衛生や環境衛生のために様々な取り組みや承認活動などを行なっているので、自分たちが現在の健全な環境を支えているのだという自負が、やりがいにつながっているというものが多く見られます。実際に直接声を聞く機会は少ないものの、確実に地域の健康のために貢献できているという実感が行政薬剤師のやりがいにつながっているものと考えられます。

行政薬剤師を目指す場合、安定性や給与、待遇の良さ、また将来的にポジションが約束されているなどの面だけで目指すのではなく、そのやりがいや仕事内容についてもしっかり理解し、自分にもそのやりがいを感じられるのか確認した上で行動を起こすようにしましょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.