行政薬剤師への転職時の志望動機

行政薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 行政薬剤師への転職時の志望動機

行政薬剤師への転職時の志望動機

行政薬剤師へ転職する際、なぜ行政機関で働きたいのか、その志望動機を明確にしておかなければなりません。行政機関で働くということは公務員として働くことになるため、安定した生活を期待する方も多いでしょう。しかしそのことだけが志望動機では、採用される成功率もぐんと下がってしまうので、いかにアピールできる志望動機を見つけられるかが鍵となります。

志望動機においては、行政として果たすことのできる役割、及びその仕事内容についての理解、認識、これから自分がどのような役割を果たしていきたいのかを明確に伝えることが必要です。行政薬剤師はいわゆる調剤薬局やドラッグストアの薬剤師とは異なり、基本的に裏方の法整備や環境整備、衛生管理に関する許諾管理や承認業務などを行うことになるため、そういった法分野への関心、環境衛生へのグローバルな視点での活躍、制度的な問題点の解決および健全な施行管理といったポイントに重点をおくことが重要です。

もちろん県立病院や自衛隊などでの薬剤官として仕事をする場合、現場での調剤業務やOTC業務、製薬やDI業務なども行うことになるため、いわゆる薬剤師としての志望動機が重要となりますが、より自治体としての目線を意識した場合、いかに地域や国民の健康を促進する上で、薬剤師として何ができるのかを行政側の視点で考えられることが重要となります。志望動機においても、その点をうまくアピールしていくことで高評価につながることでしょう。

志望動機については自分で考えるだけではなく、他の人に見てもらうなど、客観的な立場から添削してもらうことが大切です。転職支援サイトでは志望動機について、専属のエージェント、コンサルタントが添削を行なってくれて、問題のある部分、改善が必要な部分を指摘し、どのように改善すればよいのかを具体的にアドバイスしてくれます。企業への転職だけではなく、行政機関への転職を目指す方についてもしっかりサポートしてくれますので、積極的にサービスを利用していきましょう。

転職支援サイトではこの他にも行政薬剤師になるために必要なサポートを様々に行なってくれています。もちろん行政機関への就職を斡旋するものではありませんが、しかしそれに準ずる求人案件を紹介してくれたり、または役職を斡旋してくれたりします。また行政薬剤師になるために必要な資格やスキルを学ぶためのサポートも行なっているので、転職を考えている方はぜひ利用していきましょう。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.