公務員として行政で働くのに必要な資格

行政薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 公務員として行政で働くのに必要な資格

公務員として行政で働くのに必要な資格

公務員として働くためには、国家試験に合格し、志望する行政機関の面接等を経て採用されることが必要となります。薬剤師をはじめとした医療系資格は上級公務員の扱いとなるため、公務員として働く場合、地方上級公務員試験に合格することが必要条件となります。薬剤師の資格がない場合でも、国家公務員試験に合格し、厚生労働省への配属が決定すれば、そこで薬事行政に携わることで行政薬剤師として仕事を行うことができますが、地方行政の場合、薬剤師資格、および地方上級公務員としての資格が必要になりますので、この2つの取得を実現していることが必須となります。

単純に公務員として行政で働く場合、国家一種、国家二種、または地方上級、地方中級、地方初級など、その後目指すべき仕事の内容に応じて必要となる資格も異なります。また受験資格も厳密に定められており、たとえば年齢であれば大学卒業後29歳程度まででなければ受験資格がないものとなっております。しかし地方上級の場合は年齢制限ギリギリでも、その志望動機やこれまでのキャリアなどがしっかり説明することができれば最終面接も問題なくクリアでき、希望する職場への転職が可能とされています。一方社会人枠を利用して公務員として採用されるケースもありますが、採用枠に限りがあり、また非常に狭き門であるため、相応の努力や経歴、キャリア、スキルが必要となります。

公務員として行政薬剤師を目指すために必要な資格を取得するのが難しい場合は、それに準ずる薬局や企業への転職も考慮しなければなりません。特に試験を突破するためには十分な学習期間が必要となり、働きながらその時間を確保することが難しい場合は、別の職場への転職も考慮する必要があります。公務員として安定的に仕事をしたいということが志望動機の場合は、一般企業でも安定して仕事ができる求人案件に応募することも考慮しておくとよいでしょう。

それでも行政薬剤師として、公務員として働くことを希望する場合は、29歳までに地方上級試験をクリアし、あらかじめ行政薬剤師として働くことを目標に活動を続けていくようにしましょう。社会人枠にて国家試験を突破し、厚生労働省などへの勤務を希望する場合は、現在の職場でしっかりキャリアを積み、十分な実績とスキルをアピールすることができるように、39歳までにそのキャリアを積むように努力していきましょう。また転職支援サイトを利用して、具体的に資格取得に何が必要なのかを確認することも重要な事となります。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.