行政薬剤師の仕事内容について

行政薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 行政薬剤師の仕事内容について

行政薬剤師の仕事内容について

行政薬剤師と一言で言っても、その仕事内容については実際に勤める先で様々に異なります。そもそも行政薬剤師とは公務員として、または行政機関で、様々に行政や地域医療のために働く薬剤師のことを指し、具体的に一つ一つの命題を解決する立場の方もいれば、研究や開発等によって、将来的な地域医療の発展、向上を目指す立場の方もいます。

行政薬剤師で最もメジャーとされるのが保健所での勤務です。保健所では飲食関係の指導や薬物乱用などの防止のための仕事を主に行います。当該地域や、または国民全体の健康維持をサポートし、その維持を行うために、様々なプロモーションや行政指導、法整備などを行うことになります。さらに医薬品の販売許可や劇薬などの監視、様々な保険統計の調査などを厚生労働省からの依頼で実施し、その結果を公的な資料として提供します。より詳細に見ると、医薬品や医療機器などの確かな有効性と安全性を得るために、製造施設の監視、許可、指導などを行ったり、献血推進や麻薬や覚せい剤の不適正使用などの防止を行なったり、公衆浴場など生活衛星の管理、クリーニング店や理髪店、食品会社や飲食店などに対する衛生品質の向上のための監視業務や指導、その他試験検査、水道衛生、廃棄物衛生、生活環境保全などを行うことになります。

また独立行政法人である研究所で、様々な医薬品や劇薬の研究、調査、品質管理などを行う仕事も行政薬剤師の仕事になります。独立行政法人の研究所では、特に食品や環境など、我々の生活の基盤を支える薬品について、適正に利用されるよう、また問題が生じないような研究、開発、調査が行われており、薬剤師としてのスキル、知識が重要になる職場といえます。

また行政薬剤師の仕事には麻薬捜査官として、麻薬や覚せい剤などが医療において適正に、有用なものとして使用されるよう促進していくとともに、不正使用されている麻薬の入手ルートの解明などを調査したり、不正使用に対する取り締まりを行なったりすることが主な仕事となります。最近でも麻薬がらみの問題は大きく取り沙汰されており、非常に重要な職務となります。なお麻薬捜査官は国家公務員であるため、厚生労働省に籍をおき、国家公務員の資格を取得しなければなりません。

この他にも消費生活センターや情報センター、県立病院など、様々な行政機関で働くことができ、またそのため行政薬剤師の仕事は非常に多岐にわたっていることがわかります。

↓ 行政への転職サポートも◎人気の薬剤師の転職サイト ↓

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



>> 人気ランキングの続きはコチラから <<

Copyright (C) 2014-2017 行政薬剤師の募集サイト【※効率よく求人を見つけるサイト】 All Rights Reserved.